0003

この記事では私独自の視点から捉えた、キャラメイクの考察などを行っています。

ぶっちゃけ女性の好みは人によって異なるし、ある人には美人に見えても別の誰かにはとんでもなくブサイクに見えることなんてざらにあることです。

なので、ここでは基本的に私の好みに法った形でのキャラメイクの考察になります。
私の好みとは、過去のスカイリム系のSSからわかるとおり、アニメ顔+幼い感じです。つまりそういう顔を作るための考察になるでしょう。

この時点でダメな人はたぶんあまりタメになる記事ではないかもしれないでしょう。その点をご理解の上でご覧いただけると幸いです。

また、この記事ではECE1.05を導入した環境を準拠としており、ygNordをベースとして解説しています。
ygNord自体もメッシュやテクスチャを変更してあるので、変更内容を知りたい場合は下記の記事を参考にしてください。
【SKYRIM 雑記】キャラメイク考察 ‐ ygNord貧乳化① <<基本編>>
【SKYRIM 雑記】キャラメイク考察 ‐ ygNord貧乳化② <<肌の質感改善編>>

<前回> 【SKYRIM 雑記】キャラメイク考察 ‐ 髪型の選定と顔造形編

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ① 「鼻の形」の選定   
「鼻の形」を選びます。

顔を左右に振って、横顔から鼻の造形を確認しながら選ぶようにしましょう。

このときに注目するのは鼻筋です。額から鼻根、鼻先にかけて流線的で滑らかなものが理想と言えるでしょう。一般的に鼻筋が流線的であればあるほどキレイな鼻とされています。いわゆる”筋の通った鼻”です。

次に鼻根あたりの高さをチェックしましょう。私は鼻根部分が低めになっている鼻を選ぶことが多いです。具体的には目の深さから1cm程度高いものでしょうか。
その理由ですが、実は鼻根の調整で深さを低く調整することは可能です。しかしその場合、鼻筋に段差が生じやすくなり違和感の原因となることがあります。そのため最初から鼻根が低めのものを選んでいます。
001
次に正面からの造形を確認しましょう。
ここでは小鼻が小さかったり、鼻先の向きが変だったりといろいろ気づく点があると思いますが、別項目の調整でそれらを改善することが可能なので一旦放置しておきましょう。
002
↑正面から見ると小鼻が小さい印象があるが、以降の項目で調整する。


 ② 「鼻の長さ」の調整   
鼻の形が決まったら、正面からの見た目を一気に整えて行きます。

「鼻の長さ」を調整します。

ここでは全体的な顔面のバランスを見て少しづつ調整しましょう。
具体的には顔を、髪の生え際、まぶた、鼻先、顎先の四箇所を起点として三等分し、それぞれの面積が等しくなる程度のバランスが理想でしょう。
003


 ③ 「小鼻の幅」の調整   
正面からの見た目を整える一貫として、「小鼻の幅」を調整します。

小さすぎたり大きすぎた小鼻の幅を整えます。
目安としては両目の幅と同じくらいか、少し狭いくらいがちょうど良いでしょう。
004


 ④ 「鼻先の向き」の調整   
正面からの見た目を整える一貫として、「鼻先の向き」を調整します。

ここではあえて鼻孔が見えるくらいの角度、上向きに調整しましょう
鼻孔はあまり人に見せたい部位ではないので下向きにしてしまいがちですが、そのような鼻は鷲鼻と呼ばれる部類の形状になってしまいます
005


 ⑤ 「鼻根の幅」の調整   

正面からの見た目を整える一貫として、「鼻根の幅」を調整します。

この調整は基本的には好みでよいでしょう。
あまり細くしすぎるとバランスが崩れる
ので注意しましょう。
やや大きめくらいがちょうど良いでしょう。

006


 ⑥ 「鼻筋の幅」の調整   
正面からの見た目を整える一貫として、「鼻筋の幅」を調整します。

この調整は基本的には好みでよいでしょう。
大胆に調整を加えない限りはそこまでバランスを崩す要因にはなりません。
若干細め程度がよいでしょう。
007


 ⑦ 「鼻根の高さ」の調整   
正面からの見た目を整える一貫として、「鼻根の高さ」を調整します。

「鼻根の高さ」を調整することで眉間の影に変化が生じます
更に鼻根の高さにも変化があるので、横から見た際の造形の確認も必須です。

この調整は基本的には好みでよいでしょう。
影がV字型になるほうが現実的なようです。
010


 ⑧ 「鼻の高さ」「鼻の前後」の調整   
次に横からの見た目を整えて行きます。
「鼻の高さ」「鼻の前後」を調整します。
この2つの調整効果は似通っているのですが、以下のような違いがあります。

「鼻の高さ」は、鼻根に対する調整が軽微。
「鼻の前後」は、鼻全体を一気に調整する。


以上を踏まえると、
鼻根を低く保ちたい場合は「鼻の高さ」を優先的に調整するとよいでしょう。
このとき注意点として、「鼻の高さ」と「鼻の前後」の項目がそれぞれ大幅に±逆方向にならないようにすることです。両項目が干渉しあい鼻筋に段差が生じる原因となります。
008


 ⑨ 「鼻根の深さ」の調整   
横からの見た目を整える一貫として、「鼻根の深さ」を調整します。

この調整は基本的には好みでよいでしょう。
あまり小さく設定しすぎると鼻筋に段差が生じるので注意しましょう。
009


 ⑩ 「鼻筋の深さ」の調整   
横からの見た目を整える一貫として、「鼻根の前後」を調整します。

ここでの調整は鼻筋に段差が出来てしまった場合等の補正に用いるとよいでしょう。
011


 ⑪ 「鼻筋の深さ」の調整   
横からの見た目を整える一貫として、「鼻周辺の高さ」を調整します。

ここでの調整は鼻全体に対して作用します。
鼻筋の傾斜などを保ちつつ、鼻を高くしたいときなのに使いましょう。
012





以上で鼻の調整は終わりです。
次回は唇の調整を行います。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

<次回> 【SKYRIM 雑記】キャラメイク考察 ‐ 唇の調整編

         ____
        /⌒   ー \
       / (●)  (●) \  +
     / :::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
      |     |r┬-|    |  +
.      \_   `ー'´   _,/
      /            \     +
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
   _(,,)  ↑こいつ     (,,)_
  /  |   最高に変態   |  \
/    |_________|   \